ヒゲ脱毛の基礎知識

【比較】ヒゲの脱毛方法それぞれのメリット・デメリット

更新日:

脱毛といっても、単純な毛抜きや、ブラジリアンワックス、除毛クリーム、レーザー脱毛、ニードル脱毛など、家庭で手軽に出来るものから、エステサロンやクリニックに通って受けられる脱毛など様々な脱毛方法があります。

その中でも将来的にも毛を無くす、減らす効果のある脱毛法は、「医療レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」「ニードル脱毛」の3つにになります。

それぞれ、効果や、費用、痛みなど違いがありますので、ヒゲの脱毛を考えている方は、それぞれの特徴を理解し自分に合った脱毛法を選びましょう。

僕は、3つの脱毛法を経験していますので、各脱毛方法の特徴を詳しく比較・解説していきたいと思います。

医療レーザー脱毛

仕組みとしましては、メラニン色素に反応する特殊なレーザーを、照射することにより、毛根部が熱を溜め込みます。

その熱が周囲に広がり、毛の生成にかかわる組織を破壊することにより、脱毛効果をはかります。

フラッシュ脱毛と仕組みは同じなのですが、出力が強く、レーザー脱毛機の使用は医療機関でなければ行えません。

その分、しっかりとした脱毛効果が期待できます。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット

・効果が高い

・施術時間が短い

・安全性が高い

デメリット

・ほくろには照射ができない

・白髪には効果がない

・痛みがある

医療レーザー脱毛の最大のメリットは、その効果にあります。

効果が高いため、脱毛完了までの期間が、フラッシュ脱毛に比べ短いのも特徴です。

また、ニードル脱毛に比べ、短時間で施術を行うことができ、安価で行うことが出来ます。

最もコストパフォーマンスがよい脱毛方法と言えるでしょう。

扱える場所が医療機関のみのため、皮膚トラブルへの対応や、麻酔の使用が可能など、安全性も高いです。

ただ、メラニン色素に反応するレーザーを使用するため、白髪に効果はありませんし、色素の薄い細い毛も苦手です。

色に反応する性質上、日焼け肌の場合は強い出力で施術がおこなえません。

湘南美容クリニックのHPでは、日焼けの目安が載っていますので、参考にご覧ください。
湘南美容クリニック公式HPリンク
よくあるご質問:Q&Aの最後です。

最近では、従来のレーザー脱毛機が、苦手であった黒い肌にも対応した機種も登場しています。

医療レーザー脱毛機についてより詳しく↓↓
『医療レーザー脱毛機の種類』

フラッシュ脱毛(光脱毛)

レーザー脱毛同様、メラニン色素に反応する光を当て毛根を発熱させ、周辺の組織にダメージを負わせる事で脱毛効果をはかります。

レーザー脱毛が、特定の波長で集中的に熱を与え毛母細胞を破壊するのに対し、フラッシュ脱毛は広い波長の光で全体的にアプローチする仕組みです。

そのため、フラッシュ脱毛は、脱毛以外でもニキビ痕や、くすみの改善、毛穴の引き締めなどフォトフェイシャルとしても使われています。

また、医療従事者でなくても扱える機種もあるため、エステ店などに広く導入されています。

呼び方としては、美容ライト脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛、プラズマ脱毛と様々ですが、どれもフラッシュ脱毛にあたります。

フラッシュ脱毛のメリット・デメリット

メリット

・フォトフェイシャルの効果が期待できる

・痛みが弱め

・施術時間が短い

デメリット

・効果が弱いため永久脱毛では無く、減毛、抑毛にあたる

・ほくろには照射できない

・効果が弱いため、何回も受ける必要がある

・白髪には効果が無い

フラッシュ脱毛の最大のメリットは、痛みの少なさです。

痛みが無いわけではありませんが、レーザー脱毛よりややマイルドな痛みになります。

また、フォトフェイシャルにも利用される光を照射するため、肌質の改善も期待できます。
(僕は美肌効果を感じませんでしたので、脱毛のおまけ程度に考えたほうが無難です。)

しかし、痛みがマイルドな分、効果も控えめで、レーザー脱毛より多く施術を受けなければなりません。

そのため、エステサロンで取り扱われている機種は、永久脱毛・永久減耗とは言えず、減毛、抑毛という表現にとどまります

プロウェーブのような永久減耗効果の認められている医療用光脱毛機もありますが、ヒゲのような根深い毛にはおすすめ出来ません。

ニードル脱毛(絶縁針脱毛)

もともとは、逆さまつげの治療法に使われていた脱毛方法で、海外では140年以上前から行われています。

毛穴ひとつひとつに針を差し込み電気や高周波を流すことで、毛根部分に熱を持たせ「毛の生成にかかわる細胞」を破壊し、脱毛効果をはかります。

光脱毛やレーザー脱毛のように、メラニン色素への反応を利用しないため、黒人や、毛の色素の薄い白人にも使用する事が出来ます。

そのため、アメリカでは広く使われていて、レーザー脱毛同様、FDA(アメリカ食品医薬品局)に永久脱毛と認められています。

まつげが生えている部分にニードルを刺すのは、想像しただけで怖いですね。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

メリット

・確実性が高い

・ほくろ部分の脱毛や、白髪にも効果がある

・デザイン性の高い脱毛ができる

デメリット

・施術時間がかかる

・料金が高い

・痛みが強い

ニードル脱毛の最大のメリットは、ほくろや白髪の脱毛も出来る点にあります。

レーザー脱毛や、光脱毛は、メラニン色素に反応する光を利用し、毛母細胞に熱を与え脱毛効果をはかりますが、

ニードル脱毛は、直接、毛穴に針を刺し込み、熱破壊するため、脱毛効果が肌の黒さや毛の色素に影響されません。

また、直接、毛穴に刺し込み電気分解によってできたアルカリ液で脱毛するため、確実性が1番高い脱毛法と言われています。

ただ、毛穴ひとつひとつに針を刺さなければいけないため、時間がかかりますし、施術中に動かないよう気をつけなければいけません。

施術するにはある程度の毛の長さが必要のため、5mm程は伸ばさなければいけないのもネックですね。

なにより、かなりの痛みを伴う上に、料金も高いので、ニードル脱毛を考えている場合でも、医療レーザー脱毛で毛を減らしてからニードル脱毛をおこなうのがよいでしょう。

ニードル脱毛について詳しく↓↓

『ニードル脱毛の値段比較・受けられるクリニック』

医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛の比較

 

3つの脱毛方法を解説いたしましたが、では実際に、どの脱毛方法がよいのでしょうか?

効果、費用、回数、痛みと脱毛に肝心な要素、それぞれの比較をしてみようと思います。

効果の比較

ニードル脱毛≧医療レーザー脱毛>フラッシュ脱毛

直接、毛穴に針を刺し、毛根に熱を与えるためニードル脱毛の確実性は高いとされています。

針を直接さして電気を流した後、ピンセットで抜くので即効性もあるのですが、
意外と再生する毛も多く、3種類の脱毛方法をためした僕自身の感想では、レーザー脱毛より確実性が低いと感じました。

ただ、一般的にはレーザー脱毛と同等またはそれ以上の効果があるとされています。

白髪や、ほくろ毛でも脱毛できる強みがありますが、そういう部分の脱毛以外は、ニードル脱毛をあえて選ぶ必要は無いと思います。

フラッシュ脱毛は一時的に毛は抜けますが、ヒゲのような根が深い毛の場合、再生する量も多いです。

この3つでは、1番効果の弱い脱毛法と言えるでしょう。

費用の比較

ニードル脱毛>医療レーザー脱毛≧フラッシュ脱毛

費用の面では、手間や高い技術も必要で、針代もかかるニードル脱毛がもっとも高くなります。

フラッシュ脱毛は、医療レーザー脱毛より安いという情報をよく目にしますが、男性のヒゲ脱毛の場合においては、差はほとんどありません。

エステ店でフラッシュ脱毛を受ける場合は、入会金が必要であったり、月額制プランのみであったりと割高な店が多く、
明瞭な価格表を示してくれているエステ店でも、料金の差はほとんどありませんでした。

クリニックでフラッシュ脱毛を受けられるところもありますが、医療レーザー脱毛との料金に差が無いところが多く、
費用の面では、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は同じ価格帯となります。

関連記事:『ヒゲ脱毛にかかる値段の比較』

必要期間の比較

フラッシュ脱毛>医療レーザー脱毛≧ニードル脱毛

ニードル脱毛は効果が高いですが、1回の施術に時間がかかり、1度に全ての施術箇所を終わらせる事は出来ません。

施術間隔もあけなければいけないため、すべてニードルで脱毛した場合、1年~1年半ほどの期間が必要になります。

医療レーザー脱毛の場合も1~3ヶ月ほど間隔をあけ、脱毛完了には10~25回は必要になりますので、1年半以上かかると思っておいた方がいいでしょう。

フラッシュ脱毛は、私は10回ほど受けましたが、一時的に減っても復活してしまいました。

フラッシュ脱毛の場合、さらに長い時間と根気が必要になります。

関連記事:『ヒゲの永久脱毛にかかる回数・期間』

痛みの比較

ニードル脱毛>医療レーザー脱毛>フラッシュ脱毛

痛みに関しては、ニードル脱毛が頭ひとつ抜けています。

医療レーザー脱毛も、ゴムで弾くような痛みがあるため、覚悟が必要です。

フラッシュ脱毛は痛くないという情報もありますが、ヒゲに関して言えば十分な痛みがあります。

生えているものを無くそうとするのですから、相応の痛みがあるのは仕方がないですね。

ニードル脱毛は、電気でビリビリと刺す感覚と、怪我をした時にジンジン響く痛みが同時におこる感じで、体が反射してしまうくらい痛いです。

ニードル脱毛や医療レーザー脱毛など医療機関で施術を受ける場合は、オプションで麻酔を行う事もできますので、
どうしても痛みに耐えられなさそうな場合は、麻酔をしてもらいましょう。

また、湘南美容クリニックでは1ショット750円でアレキサンドライトレーザー(医療レーザー脱毛)の試しうちが出来ますので、
痛みや施術後の赤みが気になる方は、無料カウンセリング時に相談するのがよいと思います。

まとめ

各脱毛法の特徴を表にまとめると以下のようになります。

 医療レーザー脱毛フラッシュ脱毛ニードル脱毛
効果の高さ
費用の安さ×
痛みの少なさ×
施術時間の短さ×
必要期間の短さ×

・効果では、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛が高い

・費用では、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛が安い

・痛みでは、フラッシュ脱毛が1番痛みが少ない

・施術時間では、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛が短い

・期間では、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛が短い

・白髪の脱毛には、ニードル脱毛一択

という結果になりました。

以上の点から、僕は、回数、効果、費用と、コスパにすぐれた医療レーザー脱毛をおすすめいたします。

それでも、フラッシュ脱毛が向いていると思われる方もいると思います。

フラッシュ脱毛を選択する場合でも、エステサロンではなく、強い照射が行えて、営業停止リスクの無いクリニックで受けた方がよいでしょう。

関連記事:『エステサロンがヒゲ脱毛にむかない4つの理由』

具体的な、フラッシュ脱毛も行っているクリニックをあげますと、Dr.コバでは「P-NAIN」というフラッシュ脱毛機を選択する事ができます。

ほかにも、医療用光脱毛機であるプロウェーブなどを導入している街の皮膚科医院は多くありますので『ヒゲ脱毛ができるクリニックまとめ【全国版】』から近所の皮膚科を探されると見つけられると思います。

 

また、白髪を脱毛をお考えの方は、先に医療レーザー脱毛で黒い毛を無くしてからニードル脱毛を行った方が、費用も痛みも抑えられ効率的にヒゲ脱毛することができます。

 

こちらも合わせてどうぞ

近場のクリニックが見つかります↓

-ヒゲ脱毛の基礎知識

error: Content is protected !!

Copyright© ヒゲ脱毛情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.