ヒゲ脱毛の基礎知識

医療レーザー脱毛機の種類

更新日:

医療レーザー脱毛機といっても色々な種類があり、それぞれアプローチも異なります。

基本的に、「メラニン色素に反応し、毛根に熱をもたせ、毛の生成にかかわる細胞を破壊する。」という仕組みはかわらないのですが、それぞれ、痛みの強さや、毛の抜ける過程、照射可能な対象など、施術を受ける側にも重要な違いがありますので、クリニックで導入している機種を把握しておきましょう。

まずは、機種の説明の前に、脱毛に使われるレーザー光それぞれの違いを解説していきたいと思います。

 

レーザー光の種類

医療用レーザーには多くの種類のレーザー光が使われているのですが、その中でも脱毛に使われている4種のレーザー光があります。

波長が長いほど、皮膚の深部まで届き、短いほどエネルギーが高くなります。

 

 

・ルビーレーザー 波長の長さ694nm

医療レーザー脱毛の歴史のはじまりとなったレーザー光です。

もともと、ルビーレーザーはシミや痣の治療に使われていましたが、副作用として脱毛効果もみられたため、研究され、脱毛に使用されるようになりました。

メラニンへの吸収率がとても高いので、白人や色白の方でなければ使用できません。

そのため、日本では脱毛としては使われず、主にシミや痣の治療に使われています。

 

・アレキサンドライトレーザー 波長の長さ755nm

波長がルビーレーザーより長く、表皮より奥で作用するため、日本人の黒い毛に相性のよい機械です。

黒いメラニン色素への吸収率が高く、赤色に対する吸収率はダイオードやYAGレーザーより低いので、効率的に毛根部のみに熱を伝える事ができます。

脱毛効果が高いのですが、表皮のメラニンにも吸収されるため、色黒の人は使用することができません。

また、メラニン色素の薄いうぶ毛は苦手です。
(僕は、うぶ毛だった部分も生えなくなったので、まったく効果が無いわけでは無いようです。)

産毛の脱毛をする場合は、蓄熱式の機械がむいています。

アレキサンドライトレーザーを23回照射した状態の写真は下記リンク先にあります。
関連記事:『ヒゲの永久脱毛にかかる回数・期間

 

・ダイオードレーザー 波長の長さ800~910nm

黄色人種の肌質、毛質に適したレーザー光で、アトピー治療に使用しているクリニックもあります。

ダイオードレーザーを使用した脱毛機の種類が多いのも特徴です。

ダイオードレーザーを使用した機種をあげますと、ライトシェアという脱毛機が効果も高く広く普及していますが、近年ではメディオスターやソプラノといった蓄熱式脱毛機にも使われています。

蓄熱式脱毛機は痛みが少なく、日焼け肌でも使えるというメリットがあり、次世代の脱毛機として注目されています。

 

・YAGレーザー 波長の長さ1064nm

波長が長く、皮膚の深層まで届くレーザー光です。

そのため、深いシミやタトゥー除去などにも使われています。

表皮では反応せず皮膚の深層で作用し、メラニンへの反応があまり強くはないため、色黒の人でも使えます。

ヒゲは、他の部位に比べ根が深いので適しているとされますが、脱毛効果自体は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーには劣り、深部まで届くので痛みも強くなります。

YAGレーザーが使用できるクリニックは、ダイオードレーザーや、アレキサンドライトレーザーも導入しているところが多いので、どちらかで効果がなかった場合に使用するのがよいでしょう。

 

各レーザーの特徴まとめ

 波長特徴
ルビーレーザー694m・メラニン色素への反応がとても高い
・黄色人種には向いていない
アレキサンドライトレーザー755m・メラニン色素への反応が良く、一気に熱を伝えられる
・美肌効果がある
ダイオードレーザー800~910m・痛みが少ない
・うぶ毛にも効果が期待できる
YAGレーザー1064m・波長が長く、皮膚の深部で作用する
・表皮のメラニンに反応しないので、色黒肌でも使用でき、肌にも優しい。

基本的には、アレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーが、日本人のレーザー脱毛に適したレーザー光と言えます。

様々な肌質や毛質に対応するため、複数のレーザー光が照射できる複合機もあります。

 

脱毛機の種類と特徴

まずレーザーの違いを説明させて頂きました。

次に、それぞれのレーザー光を使った脱毛機の種類を詳しく解説していきたいと思います。

 

ジェントルレーズ

【使用レーザー】 アレキサンドライトレーザー

アメリカのシネロン・キャンデラ社製の医療用レーザー脱毛機です。

レーザー脱毛の中では歴史が長く実績があり、日本で最初に、医療レーザー脱毛として薬事承認を取得しました。

照射ヘッドが小さいため、照射がしやすく、口周りのような細かな作りの部位でも、丁寧に施術でき照射漏れが少ないのが特徴です。

gentle(優しい)の名の通り、レーザー照射時に-26℃の冷却ガスを噴射し痛みや、赤みを緩和し、安全性が高いとされています。

 

向いている人

・実績がある脱毛機で脱毛したい方

・美肌効果があるので、ヒゲ剃りの色素沈着が気になる方

・安価に脱毛したい方

 

日本に導入されてからの歴史が長く、導入数も1番多い機種です。

それだけ、多くのクリニックから評価され、ノウハウが蓄積されているという事でもあり、効果は折り紙つきです。

肌が黒すぎると施術はできませんが、美肌効果があるレーザー光を使用しているので、ヒゲ剃りによる色素沈着にも期待がもてるでしょう。

また、脱毛機自体がライトシェアなどに比べ安価のため、施術料金も安く設定されている事が多いです。

しかし、色黒の人や、うぶ毛や細い毛の脱毛がしたい人には向きません。

湘南美容クリニックのHPに施術できない肌の色の写真があるので、アレキサンドライトレーザーで施術を考えている人は見ておくと参考になります。

公式HP↓
湘南美容クリニック
シリーズ最新機種であるGentle LASE PROはパルス幅(レーザーの照射時間)を自由に設定できるため、よりその人にあった施術がおこなえるようになっています。

ほかに、YAGレーザーも照射できるGentle MAXという複合機もあります。

Syneron Candela社HP https://candelakk.jp/products/gentlelase.php

 

 

ライトシェア・デュエット

【使用レーザー】 ダイオードレーザー

イスラエルのルミナス社製の脱毛機で、1番の世界シェアを誇っています。

メディオスターと同じダイオードレーザーを使用していますが、こちらはショット式で毛乳頭の破壊を目的としています。

照射ヘッドが大きいため、施術時間を短縮できる事が特徴で、日本人の肌にもっとも適しているとされています。

 

向いている人

・痛みに不安がある方

・実績のある脱毛機で脱毛したい方

ジェントルレーズに並び多くのクリニックで使用されていて、脱毛実績があります。

また、痛みがアレキサンドライトレーザーより弱いとされ、照射口が大きいので施術時間が短く、早く痛みから解放されることができます。

メディオスターのように産毛の脱毛もある程度効果が見込めますが、日焼け肌には対応できません。

 

Lumenis社HP http://www.lumenis.com/Solutions/Aesthetic/LightSheer-DUET2

 

 

メディオスターNeXT PRO(蓄熱式脱毛機)

 

【使用レーザー】 ダイオードレーザー

ドイツ アスクレピオン社製の最新鋭の脱毛機で、表皮と毛球部の間にあるとされるバルジ領域をメインターゲットにしています。

1ショットで毛乳頭を破壊するのでは無く、スムースパルスという連射式の照射で、ジワジワと熱を与える事によってバルジ領域にダメージを与えます。

その性質から、メラニンが薄くても効果が期待できるので、うぶ毛や細い毛への脱毛効果が高いです。

1ショットごとの脱毛機より瞬間的な熱量が必要ないという点と、冷却パネルを常に皮膚に接触しているので痛みが少なくてすむというメリットもあります。

向いている人

・色黒の方

・痛みに不安がある方

・うぶ毛や細い毛を脱毛したい方

・施術後のダウンタイム(赤み)が気になる方

肌が黒くても照射ができるので、日焼けの心配をしないですみます。

また、他の脱毛機より肌へのダメージが少なく、痛み・術後の赤みも抑えられるため、痛みが不安な方、赤みが長引くと困る方にも適しています。

ただ、バルジ領域は毛の生成にかかわる大事な器官という事はわかっていますが、はっきりと解明されておらず、バルジ領域の破壊で長期での脱毛が可能なのかは不透明です。

他にも、ショット式のように1週間ほどでポロポロ抜け落ちるのでは無く、毛周期をすべて終えてから次の毛が生えなくなるので、すぐには結果を実感できないというのも難点です。

Asclepion社HP http://asclepion.com/asclepion_product/mediostar-next/

メディオスターNeXT PROについてより詳しく↓↓
『ヒゲ脱毛の強い味方メディオスターNeXT PROとは?』

 

ソプラノ(蓄熱式)

【使用レーザー】 ダイオードレーザー

イスラエルのアルマ社が開発した蓄熱式脱毛機です。

古い順にソプラノ、ソプラノアイス、ソプラノアイスプラチナムの3機種が日本に普及しています。

メディオスター同様、小さな出力で連続照射し、毛包全体に熱を持たせ脱毛効果を計ります。

そのため、細い毛の脱毛に向いていたり、痛みが少ない・色黒肌にも対応可能などのメリットも同じです。

2つの違いはといいますと、メディオスターはWパルステクノロジーを採用し、『810nm』と『940nm』のレーザー光でバルジ領域と毛根部両方にダメージを与えているのですが、ソプラノやソプラノアイスは毛包付近のみへのアプローチとなっています。

ただ、最新機種であるソプラノアイスプラチナムは3種類のレーザー光を同時照射でき、脱毛効果も高い機種となります。

鼻毛用のアタッチメントがつけられるので、導入しているクリニックでは鼻毛の脱毛も取り扱っている場合があります。

向いている人

・色黒の方

・痛みに不安がある方

・うぶ毛や細い毛を脱毛したい方

・施術後のダウンタイム(赤み)が気になる方

肌が黒くても照射ができ、痛みが少ない点が最大のメリットです。

また、ブロンドや白髪にも効果があるとされていますが、レーザー脱毛の性質上、黒い色素への反応を利用するため、白髪の脱毛は期待しない方がよいかと思います。

白髪に効かなかったという口コミもみられ、白髪への効果の表記を訂正しているクリニックもあります。

ニードル脱毛について詳しくは関連記事をご覧ください。
関連記事:『ニードル脱毛の値段比較・受けられるクリニックの紹介』

効果についてですが、蓄熱式脱毛機械は、結果がでるのが遅く脱毛効果を不安視されることも多いですが、臨床実験(女性のみの実験)では、ライトシェアに劣らず高い結果を出しているようです。
参考:船橋ゆーかりクリニック公式HP https://i-my.jp/cosmederma/laser_hair_removal.html
参考:http://alamedica.asia/wp-content/uploads/2015/08/810nm-Split-leg-comparison.pdf

 

Alma社HP http://www.almalasers.com/alma-products/soprano-ice-2/

ジェントルYAG

【使用レーザー】 ヤグレーザー

上記の『ジェントルレーズ』を製造している、シネロン・キャンデラ社製の脱毛機です。

YAGレーザーを使用し、深い部分で作用するので、表皮のメラニンの影響を受けず色黒な方にも対応する事ができます。

また、根深い男性のヒゲに適した脱毛機といえます。

アレキサンドライトレーザー同様、照射時に-26℃の冷却ガスを出し患部を冷やします。

向いている人

・色黒な方

・根深いヒゲの方

レーザー光の種類で紹介しましたが、ヒゲに適した深いところに熱をくわえる事ができます。

その反面、メラニンへの吸収効率は、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに劣るため、パルス幅(1ショットあたりの照射時間)が長くなります。

また、作用する場所が深いため、冷却も効きづらく、紹介した脱毛機の中では1番痛みが強い脱毛機になります。

Syneron Candela社HP https://candelakk.jp/products/gentleyag.php

脱毛機の比較

 ジェントルレーズライトシェア・デュエット
メディオスターNeXT PROソプラノジェントルYAG
レーザーの種類アレキサンドライトダイオードダイオードダイオードYAG
脱毛方式ショット式ショット式蓄熱式蓄熱式ショット式
効果
痛み×
色黒肌×
産毛
即効性

色黒肌の方は、蓄熱式脱毛機と、ショット式ではジェントルYAGが適しています。

痛みや、産毛への効果に対しても、蓄熱式の脱毛機が優れていると言えるでしょう。

ただし、痛みに関しては程度の差で、どれも痛いことには変わりません。

効果に関しては、ジェントルレーズとライトシェアどちらが1番なのか、クリニックの見解も、口コミも評価が分かれています。

どちらも実績がある機械なので、どちらかがあるクリニックを選択すれば間違いはないでしょう。

 

各クリニックの導入している脱毛機

 ジェントルレーズライトシェア・デュエットメディオスターNeXT PROソプラノジェントルYAG
ウェルネスビューティクリニック×××
KMクリニック××××
ゴリラクリニック
湘南美容クリニック×××
Dr.コバ××××
メンズリゼクリニック××

これ以外にも、湘南美容外科は「SBCウルトラ美肌脱毛」を、Dr.コバは「P-NINE」を導入しています。

また、湘南美容外科、メンズリゼのメディオスターNeXT PRO導入院は一部のクリニックに限定されます。

詳しくは『ヒゲ脱毛の強い味方メディオスターnext proとは?』をご覧ください。

まとめ

このページでは、レーザー光の種類や、脱毛機の種類について解説いたしました。

医療用脱毛機であれば、どの脱毛機も脱毛効果は期待できるので、効果としては機種をあまり気にしなくても問題はないと思います。

ただ、痛みや施術後の赤みなど、合う合わないがありますので、肌色に不安のある方は、複数の脱毛機を導入している医院を探されることをおすすめします。

また、テスト照射をおこなっている医院も多くあり、湘南美容クリニックでは、アレキサンドライトレーザーが1ショット750円で試し撃ちが出来ますし、KM新宿クリニックはメディオスターを鼻下3,000円でトライアルできます。

他にも、メンズサポートクリニックなどカウンセリングで無料照射をおこなっている医院もあります。

『ヒゲ脱毛ができるクリニックまとめ【全国版】』で全国の医療施設の公式HPをまとめていますので、お近くでテスト照射できる医院がないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

湘南美容クリニック公式HP湘南美容クリニック
KM新宿クリニック公式HPKM新宿クリニック
メンズサポートクリニック公式HPメンズサポートクリニック

各クリニックの価格比較はこちら↓↓
『ヒゲ脱毛にかかる値段の比較』

 

こちらも合わせてどうぞ

近場のクリニックが見つかります↓

-ヒゲ脱毛の基礎知識

error: Content is protected !!

Copyright© ヒゲ脱毛情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.