ヒゲ脱毛の基礎知識

ヒゲのレーザー脱毛では避けられない「どろぼう髭」対策

更新日:

「どろぼう髭」(ポップアップ現象)とは、レーザー脱毛後に、ヒゲが濃くなったように見える現象です。

ヒゲを無くすためにレーザーを照射したのに濃くみえるなんておかしな話ですが、程度の差こそあれレーザー照射後によく起こる現象です。

どろぼう髭は10日ほどすると抜け落ちツルツルになるので心配はいりませんが、生活環境によっては「この10日間が困るんだ。」という方もおられるでしょう。

 

ですので、このページでは、どろぼう髭のメカニズムから、対策方法を説明していきたいと思います。

なぜ、どろぼう髭になるのか?

レーザー脱毛は、黒色メラニン色素に吸収されるレーザーを照射し、毛根部の毛に熱をあたえ周囲の毛の生成にかかわる細胞にダメージを与えることにより脱毛をおこないます。

レーザー照射は、事前に剃毛をしてからおこないますが、ヒゲを剃った後に「表面からは見えないけれど皮膚内に残っている毛」を発火剤として周囲の細胞に軽い火傷を負わせているわけです。

この発火剤となった毛が、レーザー照射から数日たって新陳代謝により皮膚表面に押し出されてきます。

この時、押し出される毛は焼け焦げて膨張しているため、普段よりヒゲが濃く見えるのです。

どろぼう髭の問題点は?

「どろぼう髭」は、通常のヒゲよりコシが無く剃りづらいという声が多くみられます。

脱毛後、10日もすればヒゲがポロポロ抜け始めるので、どろぼう髭はおさまりますが、接客業など生活環境によっては10日も剃りづらい状態では困るという方もおられるかと思います。

次の項目で具体的な対策を考えて行きましょう。

どろぼう髭の対策

SHR式(蓄熱式)の脱毛機で脱毛する

1番の対策として、「どろぼう髭」になりづらい脱毛機でヒゲ脱毛をおこなうことです。

どろぼう髭はレーザー脱毛の性質上、ある程度はおきてしまいますが、極力抑えることは可能です。

そのどろぼう髭になりづらい脱毛機とはSHR式(蓄熱式)のレーザー照射ができる脱毛機です。

SHR式脱毛機とは?

SHR式とは、1ショットづつレーザーを照射する脱毛機(HR式)と違い、小さい出力を連続で照射することにより毛包部にダメージを与えます。

ショット式が250℃ほどの温度を与えるのに対し、蓄熱式は70℃ほどなのでその出力の低さがわかると思います。

そのため、痛みが少ない、色黒肌でも使用できる、どろぼう髭になりづらいといったメリットがあります。

 

ただし、蓄熱式脱毛機は、「今生えている毛ではなく、次に生えてくる毛を生成させない」という特徴があるので、今生えている毛は成長を続けます。

ですので、ショット式のようにスポスポ抜けづらく、効果を実感しづらいといったデメリットはあります。

即効性はありませんが、半年間の長期的な臨床実験では、ショット式と同等の成果をあげているので心配はいりません。
関連記事:『ヒゲ脱毛の強い見方メディオスターNeXT PROとは?』

具体的な脱毛機をあげますと、
「メディオスター」、「ソプラノ」、「モータス」、「ウルトラ美肌脱毛」が蓄熱式の照射が可能な脱毛機になります。

ショット式でも使用するレーザーによって多少の「どろぼう髭」のなりやすさに違いがあるようで、YAGレーザーを使用した脱毛機がどろぼう髭になりやすいようです。

すでに、ヒゲ脱毛に通っている方は、クリニックに蓄熱式脱毛機があるのか。機種の変更は可能か確認しておきましょう。

レーザー脱毛では無くニードル脱毛で脱毛する

下の動画をご覧いただければ分かり安いと思いますが、ニードル脱毛(針脱毛)は脱毛中に毛抜きで毛根ごと引き抜きます。

そのため、どろぼう髭にはなりようがありません。


きぬがさクリニックの絶縁針脱毛の様子です。

 

ですが、ニードル脱毛にも問題があり、

僕の経験では、施術後は水ぶくれとなり、その日のうちに全体的な赤みにかわります。

その後、赤みは凝縮するようにプツプツと赤い斑点となり、2週間以上痕が残ります。

どろぼう髭にはならないのですが、はっきり言って、どろぼう髭より目立つ状態になりますね。

ただ、ニードル脱毛は、どろぼう髭を避けるのであれば、確実に避けることができる方法です。

 

また、エステサロンでニードル脱毛を取り扱っているところがありますが、絶縁針を使用していないので安全性も出力も低いものとなっています。

針脱毛を検討するのであれば、絶縁針のある病院を利用するようにしましょう。

関連記事では、全国の絶縁針脱毛のできる病院をまとめてあります。

関連記事:『ニードル脱毛の値段比較・受けられるクリニックの紹介』

毛抜きで抜くのは×

どろぼう髭対策は、施術を受ける側ができることは非常に少ないです。

残された手段は、「マスクで隠す」、「気にしない」という根本的な解決にならないものでしかありません。

レーザー照射後に浮き出てきた髭を「毛抜きで抜く」という手立てもありますが、多くの病院はレーザー照射後の傷ついた肌に負担をかけることは推奨していません。

僕は、どうしても「どろぼう髭」だと困る時は抜いていましたが、褒められた行動ではないですね。

 

中には、毛抜きで抜いたら肌が荒れてポロポロとハタケになったという口コミを見たこともあります。

色素沈着や毛嚢炎などのトラブルを引き起こす原因ですので、なるべく毛抜きは使用しないようにしましょう。

また、ネット掲示板では、術後の毛抜きの効果への影響を心配する声もありましたが、すでに毛根にダメージを与えた後ですので、効果の面では変化はありません。
(ただし、施術前の毛抜きの使用は厳禁です。また、次のレーザー照射の間隔が狭い場合にも、効果への悪影響が考えられます。)

関連記事:『よくあるトラブル毛嚢炎とは?』

ショット式でも、あまり「どろぼう髭」が目立たないケースもある

僕は、湘南美容外科でショット式のジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー)でヒゲ脱毛をしましたが、実は気になるほど泥棒ひげにはなりませんでした。
(元の髭の濃さは普通くらいです。)

少し濃くなったようには見える…かもしれない??程度。

そして、脱毛がすすみ髭が薄くなるにつれ、まったくどろぼう髭にならなくなりました。

 

剃りやすさも、言われるほど剃りづらいとも感じませんでしたね。

ですが、完全に脱毛した状態にはなれています。

周囲の人たちも、そこまで他人の顔を気にして見ていないようで、どろぼう髭がわかりやすい脱毛初期でも誰も気づく様子はありませんでした。

これからヒゲ脱毛を考えている方は心配もあるかと思いますが、ショット式でも「どろぼう髭」が目立たないケースもあることをお伝えしておきます。

まとめ

どろぼう髭は、レーザー脱毛の性質上、ある程度は起こってしまう症状です。

対策としては、「SHR式の脱毛機で脱毛する」というのがもっとも効果的で現実的だと思います。

現在クリニックに通っている方は、機種の変更や出力を抑えてもらうなどの対策を、
これから髭脱毛をはじめる方は、SHR式をはじめとした複数の脱毛機を導入しているクリニックを選ぶと「どろぼう髭」のリスクを軽減することができるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ

 

どろぼう髭になりづらいSHR式脱毛機を導入しているクリニック

湘南美容クリニック

【SHR式脱毛機】 ウルトラ美肌脱毛・メディオスターNeXT PRO

【所在地】 全国50院以上展開

料金、所在地などの詳しい情報はこちらをご覧ください↓

ゴリラクリニック

【SHR式脱毛機】メディオスターNeXT PRO

【所在地】 新宿、池袋、上野、横浜、名古屋栄、大阪梅田、銀座、福岡

大宮、渋谷、京都、神戸にも開院予定

機種の選択・変更が可能

料金など詳しい情報はこちらをご覧ください↓

 

近場のクリニックが見つかります↓

-ヒゲ脱毛の基礎知識

error: Content is protected !!

Copyright© ヒゲ脱毛情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.