クリニック徹底比較

【ヒゲ脱毛徹底比較】メンズリゼVSドクターコバ

更新日:

昔に比べ男性のヒゲ脱毛は一般化してきたように思えます。

当ホームページの調査では、脱毛を取り扱っている医療機関の中で、メンズ脱毛も取り扱っている医療機関は全国で1200院以上確認できました。
参考:『ヒゲ脱毛ができるクリニック【全国版】』

その中でも、メンズ脱毛で人気の高い医療機関の名前をあげるとすると、「メンズリゼ」と「ドクターコバ(Dr.COBA)」の名前は必ずあがると思います。

両院とも、実績のあるクリニックですが、料金や、システム、脱毛機など違いがあり、人によっては、どちらが適しているか変わります。

ですので、このページでは、料金、効果、痛み、通いやすさなど、病院選びに重要なポイントを徹底比較していきたいと思います。

ご自身に適した病院はどちらか、参考にしていただけると幸いです。

ほかのヒゲ脱毛徹底比較一覧

 

ヒゲ脱毛の値段の比較

メンズリゼとドクターコバの両院は、料金プランに大きく違いがあります。

どちらがお得にヒゲ脱毛ができるのか、まずは料金プランを比べてみましょう。

施術部位の違い

両院のヒゲ脱毛の施術部位には違いがあります。

施術箇所の範囲によっても料金に違いがでますので、まずは両院の施術範囲を確認しておきましょう。

メンズリゼの施術部位


出典:メンズリゼ公式HP

ドクターコバの施術範囲


出典:Dr.コバ公式HP

上の画像は両院の施術範囲となります。

メンズリゼの施術部位は、多くのクリニックが別々の部位としている「アゴ下」と「首」が同一部位として扱われています。

このため、「あご下」+「首」を含むデザイン脱毛では、他のクリニックより安く脱毛できたりします。

他に「あご下」+「首」が同一部位として扱われているクリニックをあげると聖心美容クリニックなどがあります。
関連記事:『聖心美容クリニックのヒゲ脱毛情報』

 

いっぽうのドクターコバも、複数の部位に分かれていますが、料金は「ヒゲ脱毛全体」の1プランのみとなっていているので、細かく分かれている意味はあまりありません。

髭の一部を残して脱毛することもできますので、デザイン脱毛、部分脱毛用に細かく部位を設定しているのではないでしょうか。

上の画像の範囲内であれば、ヒゲの範囲が狭くても、広くても同一の料金になります。

注意点としましては、「頬の上部」や「首の下の方」など、上の画像の範囲より少しでも脱毛範囲が広がる場合は追加料金がかかりますので、しっかり確認しておきましょう。

全体の範囲はメンズリゼより、やや狭いですね。

施術範囲を確認できたところで、個別部位、セットプランの料金を比較していきたいと思います。

個別部位の比較

 

回数 鼻下 あご あご下 ほほ もみあげ
アイエス
クリニック
6回 40,800円 40,800円 40,800円 61,200円 61,200円
ウェルネス
ビューティ

クリニック
5回 36,000円 36,000円 45,000円 45,000円 54,000円
KMクリニック 5回 30,000円 30,000円 30,000円 30,000円
ゴリラ
クリニック
6回 36,000円 36,000円 36,000円 45,000円 45,000円 36,000円
渋谷美容外科 5回 48,000円 48,000円 48,000円 48,000円
湘南美容
クリニック
6回 29,280円 29,280円 29,280円 29,280円 30,350円
聖心美容外科 5回 28,000円 28,000円 28,000円 28,000円
マンチェスター
クリニック
6回 35,000円 35,000円 35,000円 42,000円 42,000円
ドクターコバ 5回 99,000円
メディエス
スキン
クリニック
5回 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円 30,000円 15,000円
メンズリゼ 5回 33,800円 33,800円 33,800円 33,800円

※湘南美容クリニックのみ税込み価格になります。
※アイエスクリニック、KMクリニック、渋谷美容外科、メディエススキンクリニックは、初診料、再診料などの別途費用がかかります。
※6回目以降の料金が、ドクターコバは100円、メンズリゼ・聖心美容外科は割り引き価格になります。

 

上の表はメンズ脱毛に力を入れているクリニック11院の部位ごとの5~6回コースの値段比較となります。
(『ヒゲ脱毛にかかる値段の比較』から引用)

メンズリゼは4部位に分かれていますが、ドクターコバは1部位であっても全部位であっても同じ値段になります。

そして、メンズリゼは5回コース終了後は1部位1回5,900円で脱毛することができ、ドクターコバは6回目以降は1回100円の予約料のみで脱毛することができます。

この、6回目以降は予約料のみで脱毛できるシステムはドクターコバ最大の魅力ですね。

仮に、1部位のみを脱毛する場合では、19回以上通院すると、ドクターコバの方がメンズリゼよりお得ということになります。

 

ヒゲ脱毛は、部位や濃さにより必要な回数は変わりますが、10回~15回ほど受ければ多くの人が満足できる状態まで減らせすことができますので、
1部位脱毛するだけですと、メンズリゼの方が安くヒゲ脱毛できることが多そうです。

ヒゲ脱毛に必要な回数につきましては、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:『ヒゲの永久脱毛に必要な回数・期間』

続いて、メンズリゼは複数の部位をセットで脱毛できるプランも用意されていますので、比較していきたいと思います。

セットプランの比較

ドクターコバ

1回 5回一括払い 6回目以降 1回
ヒゲ脱毛
(頬+鼻下+顎+顎下+首上)
25,000円 99,000円 100円

 

メンズリゼ

1回 5回 6回目以降 1回
3部位
セレクトプラン
24,000円 68,800円 12,000円
ヒゲ全体セット
(4部位)
34,000円 91,800円 15,000円

※メンズリゼ髭2部位セレクトプランは2019年7月に廃止となりました。

 

前述した通り、ドクターコバは「ほほ」+「鼻下」+「あご」+「あご下」+「首」のヒゲ全体のプラン1つのみとなります。

6回目以降は、髭の生えてくるかぎり、無期限回数無制限で1回100円で脱毛することができます。

 

いっぽうのメンズリゼは、4部位の中から2~4の部位を自由に選べるセットプランが用意されていて、このプランも個別部位同様に6回目以降は割引価格で脱毛することができます。

では、セットプランでは、何回以上脱毛すればドクターコバの無制限プランが安いのか計算すると下の通りになります。

何回目までメンズリゼの方がお得に脱毛できるのか

・3部位セレクトプランとの比較

脱毛回数が7回以内だとメンズリゼの方が安い

・ヒゲ全体セットとの比較

脱毛回数が5回以内だとメンズリゼの方が安い

11回以上脱毛する場合には、どのセットプランでもドクターコバの回数無制限プランの方がお得ということがわかりました。

頬や首などは、少ない脱毛回数で済む傾向にあるので、「首」+「ほほ・もみあげ」などをデザイン脱毛するのであれば、メンズリゼの2部位セレクトプランという選択肢もよいと思います。

料金の面だけでいえば、ほとんどのケースではドクターコバが安く、ある程度、気になるところが薄くなればいいという方はメンズリゼの方がよいと言えそうです。

料金でみた両院にむいている人

メンズリゼにむいている人

・1部位のみ脱毛したい方

 

ドクターコバにむいている人

・髭の範囲が広い方

・永久保証で脱毛したい方

料金についてより詳しくはこちらをご覧ください。
メンズリゼクリニック
Dr.コバ(クリニックビザリア)

脱毛効果の比較

料金では、ドクターコバが優れている場合が多いことがわかりましたが、肝心の効果に関してはどうでしょうか。

脱毛機の種類や、施術ペースなど、両院の効果の違いを見ていきましょう。

脱毛機の比較

ドクターコバ メンズリゼ
HR式
(1ショット式)
ライトシェア・デザイア
ジェントルレーズMAX
ライトシェア・デュエット
ジェントルYAG
SHR方式
(蓄熱式)
メディオスターNeXT PRO

ドクターコバでは、ライトシェア(ダイオードレーザー)と、ジェントルMAX(アレキサンドライトレーザー、YAGレーザー)の2種類の脱毛機を導入しています。

これにより、日本人の脱毛で使用されている3種類のレーザー全てを使い分けることができます。

いっぽうのメンズリゼではライトシェア(ダイオードレーザー)、ジェントルYAG(YAGレーザー)、メディオスターNeXT PRO(SHR式ダイオードレーザー)の3機種を導入しています。
両クリニックとも、ライトシェアを主力として使用していますが、複数の脱毛機を導入し様々な肌質に対応できるよう工夫がされていますね。

 

ライトシェアや、ジェントルMAX、メディオスターは、FDA(アメリカ食品医薬品局)にも効果と安全性が認められ、日本では医療機関でしか輸入することができない医療用脱毛機です。

両院とも、同じ医療用レーザー脱毛機を導入し、メンズ脱毛に定評のあるクリニックですので、効果の面ではどちらを選んでも問題ありません。

施術間隔の違い

医療レーザー脱毛では、毛周期(毛の生え変わりのサイクル)や、肌へのダメージを考え、基本的に1ヶ月以上の間隔をあけて施術をおこないます。

クリニックではおのおの脱毛間隔の基準を設けているのですが、髭の脱毛は回数がかかりますので、あまり施術間隔が広いと、脱毛初期はもどかしく感じるかもしれません。

では、両院のヒゲ脱毛の間隔の目安はどれくらいなのでしょうか。

基準を比較してみましょう。

 

・メンズリゼの施術間隔の目安

「はじめの4回までは6~8週間、その後は生えそろってから施術をおこなう。」

 

・ドクターコバの施術間隔の目安

「はじめの2回までは4週間間隔で、3回目以降は6週間以上、その後は8週間以上の間を空ける。」

 

中には2ヶ月以上間隔あけるクリニックもありますが、メンズリゼとドクターコバはそこまで差がないようです。

あくまで目安ですので、予約状況により脱毛間隔はかわりますが、施術間隔の面でも引き分けですね。

効果でみた両院にむいている人

メンズリゼ

・効果の高い医療脱毛を希望している方

 

ドクターコバ

・効果の高い医療脱毛を希望している方

痛みの比較

男性の髭は体毛の中でも、もっとも太く、硬さもあり、密度も濃い部位になります。

そのため、レーザー脱毛による痛みも強い部位となり、
「強くゴムで弾かれたような痛み」と形容されるように、実際に顔を輪ゴムで弾いてみると近い痛みを感じることができます。

僕の個人的な感想では、髭の脱毛は短時間なので耐えることができますし、脱毛が進み髭が薄くなると痛みも減りますので、麻酔は必要ないと思いますが、はじめのうちは麻酔の使用を推奨しているクリニックもあります。

最近では、痛みの少ない脱毛機も登場し、各クリニックは痛み対策にも力を入れ始めていますので、この項目では、メンズリゼ、ドクターコバの痛み対策を比較していきたいと思います。

痛みの少ない脱毛機の導入

従来は、ワンショットづつ高エネルギーのレーザーを当てる脱毛機が主流でした。

ですが、最近では、小さな出力を連続照射することにより、毛根部分に熱を溜め込み脱毛効果をはかる、いままでと違ったアプローチの脱毛機も開発されています。

このレーザー照射方法はSHR式(蓄熱式)といい、メディオスター、ソプラノ、モータスなどの脱毛機でおこなうことができます。

 

SHR式は、小さな出力でレーザーを照射するので、色黒肌にも使用ができ、痛みも少なく、脱毛後の赤みが抑えられるといったメリットがあります。

ただ、痛みが少ないといっても、ヒゲ脱毛では程度の差で、熱いものを押し付けるようなヒリヒリとした痛みがあります。

メンズリゼでは、このSHR式の脱毛機メディオスターを導入し痛み対策をしています。

いっぽう、ドクターコバは、このSHR式脱毛機は、男性のヒゲ脱毛に使用するには脱毛実績が不十分として導入していません。

そのため、ドクターコバはメンズリゼに比べ、痛みや赤みが強く、施術できる肌色の基準も厳しくなっています。

また、ドクターコバは日焼けで施術が出来なかった際には、お客様都合でのキャンセルとなってしまいますので、UVケアには注意してください。

麻酔の比較

エステサロンと違い、医療機関では麻酔を使用することもでき、痛みを軽減することができます。

病院によって使用できる麻酔にも違いがありますが、脱毛では主に、麻酔クリーム、麻酔テープ、笑気ガス麻酔、静脈注射などが使われています。

 

続いて、メンズリゼ、ドクターコバで使用されている麻酔を比較してみましょう。

  ドクターコバ メンズリゼ
笑気ガス麻酔 麻酔の取り扱い無し 3,000円/30分
麻酔クリーム   3,000円/1回

メンズリゼでは、笑気ガス麻酔と、麻酔クリームの2種類の麻酔を取り扱っています。

値段はどちらも同じですね。

麻酔クリームは、塗ってから効果が出るまで時間がかかりますので、施術30分前には準備をしなければならず、ふき取り・洗顔が必要といったデメリットがあります。

体質的な問題がなければ、笑気麻酔の使用がよいでしょう。

 

いっぽう、ドクターコバは脱毛に麻酔は使用していないとのことです。

個人的には、髭の脱毛に麻酔は不要(虫歯治療の方が痛いです)とは思いますが、ドクターコバはSHR式(蓄熱式)脱毛機がなく、麻酔が使用できませんので、痛みが心配な方はメンズリゼの方ががむいています。

痛みでみた両院に向いている人

メンズリゼにむいている人

・麻酔を使用したい方

・痛みや赤みの少ない脱毛機を使用したい方

ドクターコバにむいている人

・麻酔を使用しなくてもよい方

通いやすさの比較

髭の脱毛は回数がかかるので、通いやすい医療施設を選ぶことも大事なポイントです。

まずは、メンズリゼ、ドクターコバの所在地の確認から、診療時間・休診日を比較していきましょう。

所在地の比較

ドクターコバ メンズリゼ
北海道・東北地方 仙台院、青森院(提携院)、盛岡院(提携院)、いわき院(提携院)、郡山院(提携院)
関東地方 銀座院 新宿院、渋谷院、大宮院、銀座院、立川院、町田院、柏院、横浜院
北陸・甲信地方 新潟院
東海地方 名古屋栄院 名古屋栄院、名古屋駅前院、四日市院(提携院)
関西地方 大阪心斎橋院 大阪梅田院、心斎橋院、神戸三宮院、京都四条院
中国地方  広島院
四国地方  
九州・沖縄地方 福岡天神院

メンズリゼは、直営院、提携院あわせて全国で20院展開し、ドクターコバは、東京、名古屋、大阪と3院の展開となっています。

ドクターコバは三大都市をカバーしアクセスはよいものの、全国に拠点を持つメンズリゼの方が近場のクリニックが見つけやすいですね。

ドクターコバの今後の医院拡大に期待しましょう。

また、メンズリゼは転院も可能ですので、今後、引越しなど生活環境がかわる予定がある方にも通いやすいクリニックだと思います。
(提携院や一部医院をのぞく)

 

続いて、診療時間、休診日も比較してみたいと思います。

診療日、診療時間の比較

  メンズリゼ ドクターコバ
診療時間 11時~20時 10時~17時
休診日 不定休 GW、お盆、年末年始

 

メンズリゼは朝10時~夜8時、ドクターコバは朝10時~夜7時の間で診療をおこなっています。
休診日は、メンズリゼは月に数日休みが設けられていて、毎月公式HP上に発表されます。

ドクターコバは、基本的には年中無休ですが、ゴールデンウィークや、お盆、年末年始などは休診日となっています。

両院とも、土曜、日曜、祝日の診療はおこなっているものの、毎月確認が必要な分ややメンズリゼの方が通いづらいですね。

 

診療時間、休診日でみた通いやすさは、ドクターコバが一歩リードといったところです。

メンズリゼの月ごとの休診日や、提携院の診察日、診療時間など詳しくは公式HPをご確認下さい。
メンズリゼクリニック

通いやすさからみた両院にむいている人

メンズリゼにむいている人

・土日祝に通いたい方

・転院の可能性がある方

ドクターコバにむいている人

・土日祝に通いたい方

まとめ

メンズリゼ、ドクターコバの、病院選びで大事な、料金、効果、痛み対策、通いやすさの4点で比較をおこないました。

・料金
コストパフォーマンスのよさはドクターコバが優れ、少ない部位であればメンズリゼがむいている。

・効果
ともに実績があり効果に差はほとんどなし。

・痛み
痛みが心配な方は、麻酔が豊富で、SHR式の脱毛機があるメンズリゼがむいている。

・通いやすさ
院数が多く、転院可能なメンズリゼの方が通いやすい。

との結果となりました。

費用面ではドクターコバのコストパフォーマンスのよさが光ります。

ただ、メンズリゼは、「剃毛代無料」、「予約キャンセル料無料」、「硬毛化保証」などドクターコバには無いサービスが充実し、痛み対策も万全です。

口コミで、接客対応がよい、丁寧といったものも多く見られ、人気があるのもうなずけますね。

また、メンズリゼは体毛とのセットプランもあるのも魅力です。

 

髭が濃い方、費用が第一の方は、ドクターコバを、
ドクターコバへのアクセスが大変な方、充実した対応を希望の方は、メンズリゼを選んでみてはいかがでしょうか。

両院のより詳しい情報は公式HPをご覧ください。

関連記事:『メンズリゼのヒゲ脱毛情報』

関連記事:『Dr.COBA(ドクターコバ)のヒゲ脱毛情報』

 

こちらも合わせてどうぞ

-クリニック徹底比較

error: Content is protected !!

Copyright© ヒゲ脱毛情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.