ヒゲ脱毛の基礎知識

ヒゲ脱毛の体験談ブログを見る上での注意点

更新日:

「ヒゲ脱毛体験談ブログ」で検索すると、数多くのブログがヒットします。

ただ、多くの上位表示されるブログを読んでみて感じることは、知ってか知らずかいい加減な記事を書いているブログが多い。

みなさん個人ブログですので、情報の正確性に欠けるのはしかたないものですし、なにより生の体験者による有益な情報も発信してくれています。

 

ただ、恣意的なものや、知ったかぶりで書き読む人への思いやりがないと感じるブログも。

読んだ人が誤った選択をしないか心配になるような内容も多いのです。

 

という訳で今回は、これからヒゲ脱毛をはじめる方にむけ参考になるように、友人や家族にアドバイスするつもりで、ヒゲ脱毛ブログを読む上で知っておいて欲しいことを書いていきたいと思います。

ビフォー&アフターで見るべきところ

まず脱毛ブログ気をつけるべきところは、脱毛前後のビフォー&アフターの写真です。

レーザー脱毛は、術後すぐにヒゲが生えなくなる訳ではなく、

 

レーザー照射

7日~14日後ヒゲが抜け落ちツルツルになる

3~4週間後ヒゲが生え始める

8週間おおよそ生え揃う

という経過を辿ります。

出典:メンズリゼ公式HP

上の画像はメンズリゼの脱毛の経過のイメージ画像ですが、このように、1度ドカッと減って、その後多くの毛が復活するんですよね。

この時、復活しなかった毛が永久脱毛が完了した毛であり、髭の場合には1回の脱毛で、生えている毛のおよそ10%が脱毛されるとされています。

 

 

ですが、脱毛ブログの中には脱毛1ヶ月後の写真までしか載せず「1ヶ月たってもツルツルです。○回の脱毛でここまで効果がありました。」と書いてあるものもあるわけです。

これから復活し始めるのに1番効果が出ている時の写真を載せて、少ない回数で脱毛が成功したと言われましても…。

読者がすぐ効果が出るものと勘違いして、割高なクリニックを選んでしまったり、都度払いで契約してしまったり、脱毛完了までにかかる費用の試算を間違えてしまわないか心配になるわけです。

 

 

特に、効果の永続性のないエステ脱毛でもポロポロヒゲが抜け落ちる期間がありますから、このポロ期の写真を見せて「効果がありました。」と宣伝するのは酷いと感じます。

おそらくこの手のライターは、悪意が100%というわけではなく、あまり知識がないまま「1ヶ月待ったし結果が出て記事も書きやすいし、もう十分だろう。」と記事を書いてしまっているものと思われます。

僕もブログを書くのでわかりますが、2ヶ月後に書くというのは出来事を忘れしまうのでしんどいんですよね。

 

また、ある程度脱毛がすすめば、青ヒゲは解消されますので、剃っている状態では写真ではツルツルに見えます。

ですので、ビフォー&アフターを見る時は、最後に施術を受けてから2ヶ月後以上は経過していて、剃った状態ではなくヒゲを伸ばしている状態の写真を掲載しているブログを探してみると良いと思います。

脱毛完了目安の回数は少なめにかかれている傾向

男性のヒゲは体毛の中でもっとも脱毛が難しい部位で、非常に回数がかかります。

では、実際どれくらいかかるかというと、クリニックのレーザー脱毛では20回前後は想定した方がよいですし、エステサロンの脱毛では一時的な減耗は出来ても脱毛は完了しません。

 

僕自身クリニックの脱毛とエステサロンの脱毛のどちらも経験していますが、まずエステサロンで10回脱毛したところ一時的に減耗はしたものの半年で元どおりになってしまった過去があります。

それもそのはずで、細胞を破壊・変異させる行為は医療行為ですので、脱毛は法律により医療機関でしかおこなうことができません。

そのため、エステサロンも効果的な出力で脱毛することができず、一時的な減耗に留まるのです。
関連記事:『エステサロンがヒゲ脱毛にむかない4つの理由』

 

結局、僕はエステサロンではヒゲの脱毛は難しい事を知り、クリニックに変え20回ほどで脱毛完了できました。

僕の友人もレーザー脱毛をしている人が数人いるのですが、みな機械やクリニックは違えどツルツルな状態を目指すと20回以上の回数はかかっていますし、平均的な回数だと思います。
関連記事:『ヒゲの永久脱毛にかかる回数・期間』

15回程度でも薄くはなるのですが、その後が髭の総量も減り脱毛効率も落ちるので時間がかかるんですよね。

事実、男性の髭には30回コースまで用意しているクリニックまでありますので、かかる人はそれくらいかかることもあるのでしょう。

 

 

ですが、ヒゲ脱毛体験談ブログで紹介される回数・期間はもっと少なく紹介されているように感じます。

中には、3~4回しかヒゲ脱毛をしたことが無い脱毛途中のブロガーが「ヒゲ脱毛は12回で終わります。」と断言しているものも。

 

ヒゲ脱毛の完了すらしていないのになぜ?

 

これには複数の理由が考えられます。

クリニックやエステサロンの広告を鵜呑みにしている

まず1つ目は、そもそも多くのクリニックやエステサロンで、脱毛完了の目安として表記されている回数が少なめにかかれているからです。

それに合わせて記事を書いているので、ブログで説明されている脱毛完了目安の回数も少ないのでしょう。

 

基本的に美容クリニックはどの施術も、ヒアルロン酸注射効果持続期間3~6ヶ月などと書いてあれば3ヶ月しか持たないことが多いですし、回数10~15回必要と書いてあれば15回必要なものが多いです。

また、『ヒゲ脱毛ができるクリニックまとめ【全国版】』をまとめる際に全国の脱毛設備のあるクリニックを調べましたが、女性の脱毛回数の目安や、体毛の脱毛回数のみしか解説していない所も多く、それを男性のヒゲ脱毛の回数目安と誤解をしているというのもあるのだと思います。

中には、男性の髭脱毛について詳しく解説している病院もあるのですが数は少ないですね。

2つ目に脱毛完了の基準

2つ目の理由として、脱毛完了の基準は人それぞれであることがあげられます。

 

剃った状態で青髭が目立たなければ脱毛完了。

3日に1回剃ればいい状態なら脱毛完了。

など、人によって満足できる脱毛の基準はまちまちです。

 

そして、脱毛体験ブログも、クリニックのビフォーアフターの写真も、拡大してよく見てみると青ひげも多少残っていますので、脱毛完了目安としている基準は緩めに設定しているものと思われます。

髭剃りをまったくしなくていい状態を想定している方にとっては、ちゃんと説明してくれないと紛らわしい。

宣伝の都合のため

3つ目の理由として、自分が宣伝しやすいように回数を設定していることもあげられます。

さきにあげた12回で脱毛完了と書いていた方も、脱毛6回コースのクリニックがありますから、「2クール受ければ脱毛が完了しますよ。」と宣伝したいのです。

 

あくまで、訪問者の事はどうでもよく、自分の広告から契約をして貰う事を第一に考え記事を書いているのでしょうね。

ニードル脱毛だから効果が高いという訳では無い

ヒゲ脱毛体験ブログでよく見かけるのですが、ニードル脱毛を経験した訳ではないのに、ニードル脱毛は効果が高いと宣伝しているブログが見られます。

これには2つの理由が考えられます。

エステサロンの広告の影響

1つは、エステサロンがニードル脱毛は唯一の永久脱毛で効果が高いと宣伝しているためです。

ヒゲ脱毛ブログの1部は、売りこむことだけを目的としており、エステサロンの宣伝をそのまま書き写しているのです。

 

永久脱毛という言葉の響きを聞くと、永久に効果のあるすごい脱毛法のように感じますよね。

ただし、この言葉は和訳のトリックがあり、「permanent epilation(長持ちする脱毛)」という言葉の方が本来の意味に近いものとなります。

 

定義自体を見てみると、

「一定の施術を繰り返し脱毛が完了した状態から、1ヶ月後に生えてくる毛が施術前の20%以下である。」

となり永久性のある効果を保証しているわけではありません。

1ヶ月生えなければ、その後生えてきても永久脱毛と言えてしまうんですよね。

関連記事:『永久脱毛・永久減耗とは』

 

では、実際の効果はどうなのかというと、僕の足の親指の毛で実験してみたところ、8回の施術で半年ほどは毛がなくなったものの、10ヶ月近くたった頃には多くの毛が復活してしまいました。

1度脱毛に成功したかに思われた1本だけ生えていた乳首毛も半年で復活…。

なんとしつこい。

毛の総量自体は減ってはいるのですが、8回程度では1度ツルツルになっても戻ってしまうのです。

 

足の親指脱毛前

8回脱毛を終え10ヶ月経過

 

この脱毛はセルフの針脱毛器でおこないましたので、施術者の技術不足に感じるやもしれませんが、1本づつ時間をかけ丁寧に施術をおこない一定期間は脱毛に成功しています。

しかも、エステサロンでおこなわれているフラッシュ法より確実性が高いとされる電気分解法での脱毛結果です。

実際に、僕の知人もエステサロンのニードル脱毛1,000円トライアルを受けましたが、頬に炎症を起こしただけで、ヒゲはまた生えてきていたんですよね。

 

 

なにが言いたいのかと言うと、ニードル脱毛はこのようにイメージほど確実性が高いわけでは無く繰り返しの施術が必要になるということです。

ニードル脱毛に関しては、「一度施術した毛穴からは毛は生えてこない。」と、経験もしていないライターが書いていることが非常に多い。

僕の体感としてはレーザー脱毛の方がはっきりと長期的な効果がありますし、痛みもコスパもレーザー脱毛の方がいいので針脱毛はお勧めできませんね。

 

ただ、ニードル脱毛はレーザー脱毛で脱毛出来ない白髪の脱毛が出来るメリットもあります。

ですので、あくまでレーザー脱毛で黒い髭を無くした後の、仕上げの脱毛方法としてニードル脱毛を選ばれると良いかと思います。

 

また、ニードル脱毛はエステでおこなわれる美容針脱毛と医療機関でおこなわれる絶縁針脱毛があり、仕組みも違います。

ニードル脱毛をする際には、効果が高く安全性の高い医療機関を選びましょう。

 

ニードル脱毛についてより詳しくは関連記事をご覧下さい。

関連記事:『ニードル脱毛の値段比較・受けられるクリニックの紹介』
関連記事:『家庭用針脱毛器ワンタッチ・ホームエレクトロリシスを買ってみた』

 

報酬の高さ

2つ目の理由として、某エステサロンのニードル脱毛を広告した際の報酬の高さにあります。

当サイトも広告の掲載のお話を頂きましたが、クリニックのレーザー脱毛の数倍の額で驚きました。
(お断りさせて頂きました。)

 

広告費が出せるということは、それだけエステサロンのニードル脱毛は顧客の費用がかかるという事です。

 

ブログを運営する以上、サーバー代やドメイン代などの運営費もかかりますし、作業時間も膨大です。

丁寧に取材をすると、自給換算にすると数十円程度の利益にしかなりません。

ですが、美容医療は人の悩みに関わるテーマです。

情報を発信している以上、誠実に、訪問して頂いた方の幸せを第一に考え運営をしてもらいたいものです。

まとめ

 

ビフォー&アフターの写真は2ヶ月以上空いていて、かつヒゲを伸ばしている状態の写真を参考に
ヒゲ脱毛完了の目安は実際より少なく書かれている傾向がある
ニードル脱毛は宣伝されるほど良い脱毛法ではない

以上が、脱毛ブログを読む上で気をつけていただきたいポイントです。

恥ずかしい話ですが、僕自身、いい加減なランキングサイトに騙され、クリニックではなくエステサロンに通ってしまった過去があります。

ネットの情報は吟味しないと痛い目に見るという例ですね。

ですので、体験談系のブログを読む方々の補足になればと思い記事を書かさせていただきました。

 

みなさんのこれからのヒゲ脱毛の参考になれば幸いです。

こちらも合わせてどうぞ

全国のメンズ脱毛ができる医療機関はこちらにまとめてあります。

-ヒゲ脱毛の基礎知識

error: Content is protected !!

Copyright© ヒゲ脱毛情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.